紫外線をカットすることが老化を食い止める最大の方法

しみ、しわ、たるみの原因は紫外線によるものがほとんどだそうです。

昔、真っ黒に日焼けした紫外線が年齢とともにしみやしわになって表れるなんで残酷な話です。

若い時はしみやしわがないので、紫外線を浴びることの怖さがわからないのですが蓄積された紫外線の量によってある一定の量がいっぱいになると、何かの拍子でしみやしわになって表れるらしい

これは、時間を元に戻すことができないので極力紫外線カットを試みるしかないわけです。

紫外線にはA波とB波があります。

紫外線A波は波長の長い紫外線で肌の深いところまで届きしわやたるみになりやすい性質です。

紫外線B波はその次に長い紫外線で肌の深いところまでは届かないけど、パワーが強いのでしみやそばかす、肌トラブルになりやすい性質です。

最近は紫外線C波もオゾン層が破壊されたことで肌に悪影響があることが分かっています。

どの種類の紫外線も肌にはよくない紫外線なので日焼け止めを使って予防することが大事です。

 

 

紫外線が強い季節になりました

私は乾燥肌、色白で紫外線アレルギー

春になるといつも皮膚が痛い

これは紫外線によるものだと思っています。

色んな皮膚科に通って紫外線をカットする日焼け止めを購入

紫外線吸着剤を使っていると肌に負担がかかるので

極力肌に負担のかからないノンケミカルという日焼け止めを使ったら顔が真っ白に

肌になじむ無色透明の日焼け止めは、ノンケミカルでは無理らしい

これは、どちらを選ぶべきか・・・

ファンデーションの色を濃くして、白く浮いた日焼け止めを消せるか・・

それとも、少々の添加物は我慢して付け心地の良い日焼け止めを使うか・・

ちなみにノンケミカルの日焼け止めは白くなるだけではなく塗り心地も悪い

きれいにスッと伸びないし、もろもろする感じも残ります。

朝の忙しい時にファンデーションの色を気にしながら使うのも時間がかかりそうなので

お出かけ用と、自宅にいるときで使い分けすることにしました

外出しない時は真っ白でも宅急便が驚くくらいでしょ!

時間ごとに塗り替えるのも忘れないように、日焼け止め生活は続く