たまねぎ

たまねぎは、独特の香りと苦味を持っていますよね。 これは「硫化アリル」という成分の効果なんです。

この硫化アリルは、 体の中では、消化液がたくさんでるように働きかけ 新陳代謝を盛んにしてくれます。

また、ビタミンB1と一緒になると「アリチアミン」という 物質になって、体に効率よく吸収することが出来ます。

ビタミンB1は、疲れや食欲不振などを防ぐ効果があるので たまねぎを食べると、夏ばてや疲れから 体を守ることが出来るのです。

また、この「硫化アリル」には 体中の血液をサラサラにする効果があります。 血液がどろどろになってしまうと 血管の中で詰まりやすくなったり、 動脈硬化や高血圧の原因にもなりますので できるだけたくさんとって、血液をサラサラにしておきたいですね。

ただし、この硫化アリル 熱にあまり強くはありません。 また、水に溶けやすい性質もあります。

新たまねぎなどは、できるだけ生で食べ 水にさらす時間などもさっと短時間にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す