モロヘイヤは野菜の王様

モロヘイヤは、日本では
ここ20年ぐらいで食べられるようになった食材です。

もともとエジプトやインドが原産とされる食材で
独特のねばりのある葉っぱとして知られています。

このねばねばは「ムチン」とよばれる物質の効果で
実は、人間をはじめとする動物の
粘膜にはすべてこのムチンが含まれるといわれるほど
生き物には欠かせない物質のひとつなのです。

さらにモロヘイヤは、
緑黄色野菜のなかでも飛びぬけて栄養素が高く
ビタミン、ミネラルなどをたくさん含んでいます。

とくにカロチンは、にんじんの1.5倍も含んでいて
ビタミンB2も、野菜の中ではトップクラスです。

モロヘイヤに含まれる栄養素の多くは
お肌の生まれ変わりや、細胞の再生
粘膜や体の調子を整えるなどの効果をもち
睡眠不足や生活リズムの崩れから
お肌の調子を崩している女性には
是非食べて欲しい食材のひとつです。

このモロヘイヤ、実は「野菜の王様」というあだ名が付くほど
栄養が豊富で知られているのですが
まだまだ値段が高いのだけが難点ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す