梅干は栄養豊富

梅の実の食べ方といえば、 梅酒、梅干、梅ジャムなど 加工して食べるのが一般的です。

これは、生の梅の実を食べると 死んでしまうことがあるからなのです。

大げさなようにも聞こえますが 青い梅の実や、種の部分には 「アミグダリン」という成分が含まれています。 この「アミグダリン」人間が食べると、 体の中で「シアン化合物」になってしまい、 呼吸困難を起こして麻痺状態になってしまうとされています。

実際は、大量に食べなければこのようなことはなく まれに、幼い子供がたくさん食べた場合などに 中毒症状が出ることがある程度だそうです。

そんな梅ですが、梅干として加工すると 一気に栄養成分豊富な食材へと変化します。

加工された梅干は、 大量のクエン酸などの有機酸を含み、 胃腸の活動を活発にしてくれます。 このことにより、食欲が増したり、疲労回復にも効果があります。

ただし、梅干はとてもたくさんの塩を使って作るため 塩分を大量に含んでいます。 たくさん食べ過ぎると、高血圧などのリスクを高めるので 一日に食べる量を制限するように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す