紫外線吸収剤のお話

日焼け止めクリームを選ぶときに迷うのが紫外線吸収剤不使用のものノンケミカルを使うか否かということですよね。

ほとんどの日焼け止めは紫外線散乱剤という粉体が肌の表面で紫外線を跳ね返すものと紫外線吸収剤と呼ばれる成分で肌の上で紫外線によるダメージをなくするもの

この2つをミックスさせているものが日焼け止めには多くみられるようですが、肌に害のない紫外線散乱剤だけを使った日焼け止めがあります。これがノンケミカルと言われる日焼け止めです。

肌が弱い人などはノンケミカルの日焼け止めを使う人が多いようですがノンケミカルは紫外線カット率が弱い傾向にあります。さらに日焼け止めを塗ると白くなるのが特徴です。

そうしても肌の弱い人はノンケミカルになりますが、ノンケミカルは肌が白くなってしまったり、ざらついたりすることが多いです。白浮きするのが嫌な人は普通の日焼け止めの方が無難ですね。ただ、クレンジングしてもとれにくい日焼け止めは苦手ですけど・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す