お産の呼吸

ただただ「うーん…うーん…」とクッション抱えて汗だらだらで痛みに耐えていたのですが、ふと、両親教室で教わった呼吸のことを
思い出しました。「ふーーーーー。」と、深ーく深呼吸をして、痛みが過ぎるのを待ちました。するとどうでしょう。
痛いのは変わりませんが、何となく痛みが過ぎるのを我慢できるようになったのです!
冷や汗だらだらでしたが、何とか呼吸をコントロールすることで、自分を保っていた気がします。そうじゃなかったら発狂してたわ…。

呼吸コントロールができたおかげか、順調にお産が進み、いきむ時もうまくでき、6時間弱のスピード出産!
こんなにも呼吸法が大事だと感じたことは初めてでした。

人間、緊張すると無意識に呼吸が早くなるようで、それを意識して落ち着けることで、自分を客観視する効果もあるみたいですね。

生まれてから死ぬまでする呼吸。たかが呼吸ですが、されど呼吸なんです。呼吸ひとつで人生が変わることもあるんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す